カンヌ国際映画祭 『一命』公式上映&インタビューレポートです

5月20日(金)現地時間午後22時すぎ、カンヌ国際映画祭にて 映画『一命』の公式上映が行われました!

三池崇史監督、瑛太ほか『一命』チームは、レッドカーペットでカンヌの映画祭主催者のディレクターに迎えられたのち、満席のメイン会場に入り、3Dメガネをかけた一般招待客2,300人とともに本編を鑑賞しました。また、上映後は、5分以上にわたるスタンディングオベーションによる反響がありました。

公式上映後の三池監督、瑛太のコメントを掲載いたします。

三池崇史監督:
(公式上映を終えて)ほっとしました。お客様に確実に伝わったなという感じがして、監督として、ひとつ仕事を終えたというところですね。早く「一杯飲んで寝るか」という感じです。

場内から、本当に楽しんでいるのが伝わってきました。あったかくて気持ちのいい拍手をいただいたので、それがこちらにも伝わってきて、サムライの物語がフランスでも通じるのかな、という感じです。

(カンヌは)一番大きな映画祭だから、色々な作品がエントリーされていて、会場もいいし、それに一番びっくりしたのは、初めての3Dということで、どういう環境で上映されるのが心配だったのですが、思った以上に音響・映像ともに完璧なコンディションで整えてくれました。なにしろ2,300人用のエクスパンディー(3Dメガネ)をそろえているんですからすごいですよね。前日の試写チェックで、我々がいろいろ出したオーダーにきちんとこたえてくれました。映画そのものをしっかり表現する、という映画祭の姿勢はさすがですね。

賞に関しては、(自分たちは)アスリートではないので、勝ち負けがはっきりしたり、ポイントが出るのではない。あくまでも審査員の感性にゆだねられているので、一番二番ではなく、今年のカンヌの結果はこういう結果になるとかそういうことですね。自分たちにとっては、今日のお客様と今日この劇場で映画を楽しめた、ということ。それ以上の賞はないと思います。もちろん、賞をいただけるならいただきますけれども…。関西人なんで(笑)。今日の上映でちゃんと大きなものをもらったので、それで十分だと思います。

瑛太:
(公式上映を終えて)観ていただいたお客さんたちの反応を、肌でビシビシ感じました。今日は、お酒を飲んでゆっくり寝たいと思います。

(賞については)結果論とかそういうことではなく、僕自身は俳優をやってきて、こういった場所に立てることを周りの人に感謝したいです。この先も俳優を続けていきたいと改めて思いました。

カンヌ_インタビュー写真

★インタビュー動画はこちら↓
*Yahoo!オフィシャルチャンネル
http://ch.yahoo.co.jp/shochiku/index.php?itemid=55
*Facebook
http://www.facebook.com/video/video.php?v=1566784070110


◆『一命』公式サイト
http://www.ichimei.jp/